Others

バズった後に考えるブログ運営の3つの目的。秘めた想いに彩りを与える。




おはようございます。126です。

2月末のお話ですが、毎朝チェックしているGoogle Analyticsでアクセス状況を見てみると、、


PV伸び放題

明らかにおかしい!!


異常な伸び!!
 

そこでlivedoorのブログニュースのトップページを見てみたら「子供のために手作りした“すべり台”N」とありました!

ブログニュースに掲載

ちょっと時間をおいてその日のlivedoorブログニュースページを開くと、サムネイル入りで記事を掲載してくれたんですよ。


ブログニュースに出た!
 

PVもグイグイ伸びてなんだか恐ろしいくらいでした。

 

PV伸び放題2

ブログニュースのページでもポチポチッとクリックされているようで、ニュースの影響力ってすごいなーと改めて感じた次第です。

383クリック
 

翌日、最終的なPVを確認してみると、1、000には届かなかったものの、ブログ運営を始めて2ヶ月でそれまでの何倍ものPVを頂く結果になりました。
 

PV最終結果

 
今、2016年2月26日のブログニュースを開くと、507クリックを頂いたことになっています。ありがたや。
 

その後


が、しかし、その後は普通に以前の状態に戻りました。

ブログ自体を面白いと思って、新たな読者になってくれた方、その後も見続けてくれている方はいないということを数字が語っています。
 

これじゃ、やっぱり良くないんじゃないかと色々考えています。この考えているプロセスが自分にとってプラスになっているとぼんやり感じているけど、それが形にならないと、ダメね結果を出さないと、ダメね

 

PVが全てじゃない!


なんて負け犬の遠吠えはまだ吐きたくない。でも、多くの人に見てもらっているという指標は今の所、PVに頼るしかないので、当面PVを伸ばすための努力をしたいと改めて思うわけだけど、ぼくは何のためにブログを書いているか?
 

. なりわい(生業)作り


まず、一言でなりわい(生業)作りのため。度々書いていますが、もう今の仕事は6ヶ月以内に終わるんです。その後、同じような仕事をいただける可能性もありますが、最悪の場合、子ども二人を連れて無職になるわけです。そんな状況にあっても、ブログを一つの生業にしたいがために今から助走を取っているつもりです。
 

決してブログだけで食べていこうなんて考えちゃいませんよ。でも、情報収集と情報発信は、身につけておくべき力だと思うので、そのツールとしてブログを運営していきたい。
 

. つながり(繋がり)作り
 

自分から情報を発信することで、情報や人は集まるもんです。それをブログを始めてから実感しているんです。岡山の移住先探しについても、日本での仕事の可能性についても、妻に言わせれると「外堀を固めている」ようですが、「ぼくはこうしたい!ああしたい!」とはっきり発信することで、拾う神が目の前に現れてくるんです。だから、ぼくにとってブログとはつながりを作ってこの先の可能性を広げるためのツールでもあります。
 

. 頭の中の整理
 

そして、自分の思いや考えを伝えるということは、まず自分なりに考えを整理することが必要なので、ブログを日々書きながら考えを整理しています。時間が経つと変わる考えもあれば、太い柱のように自分の中で確固たる思いに変わっていく考えもあります。人に考えを伝えることで、共有できる想いや、伝わらない気持ちにも気づくことができます。
 

文章にしても、今まで以上に考えて書くようになりました。


イメージとしては、今まで頭の中に散らかっていたアイデアや気持ちを整理整頓しながら、大事なものは徐々に陽の当たるところに置いて、秘めた思いに少しずつ色を塗っていくような感じ。
 

なかなか終わりの見えない作業ですが、ブログを書き続けることで整理できているという感覚があります。だからこそ、少しずつでも多くの人にぼくの言葉が届くと嬉しいなぁ。

PVだけにとらわれず、自分の目的をしっかり見極めて、これからも毎日更新していきますので、ご贔屓に。 

関連記事

  1. まだ餌付けされてるの?仕事は狩り。ブログは農耕。
  2. 女子力、可愛いべきか、強いべきか。スウェーデンから学ぶことが多い…
  3. アフリカ人(ザンビア人)がアフリカ(エチオピア)を不思議に思う
  4. 国際人とはなんですか?ぼくの2015年版解釈
  5. 日本発の国際協力のメディア「The Povertist」いかがで…
  6. 自宅でラーメン、うどん、パスタに餃子。海外在住日本人には重宝する…
  7. noteでの有料マガジンを是非ご購読ください
  8. ここが変だよ、エチオピア。ちょっと変わっているエチオピア正教(キ…
PAGE TOP