Africa

「アフリカ旅行」ならココ!タンザニアで日本人ガイドが丁寧に面白い旅をつくってくれる

おはようございます。126です。

方々でちょこちょこ紹介しているんですが、 アフリカに旅行したいなら鉄板中の鉄板サファリでしょう。そしてサファリといえば、ケニアのマサイマラかタンザニアのセレンゲティでしょう。

大自然に触れて日本の日常や日々の悩みを忘れる旅としてはもってこいです。未知の大陸アフリカを知るのはとっても刺激的な経験になるはずです。

でも、サファリって結構奥が深いんですよ。動物の生態もそうですし、今に至るまでの歴史的な背景とか周囲の伝統的生活や知ると「へー」という唸ることが多く、とにかく「へー」の多い旅なんです。

でも、現地のガイドがついても英語は難しいですよね?Porcupineなんて急に言われてもどんな動物かわからないですよね?

だもんで、ザンビアやタンザニアで国立公園でのサファリを経験し、かつ、この日本人ガイドによるセレンゲティを経験したぼくが自信を持ってオススメするのがKentaro Safariです。

ケンタローサファリ1
ケンタローサファリ2

別に謝礼ももらわないし、アフィリエイトでもないんですが、一人でも多くの日本人にアフリカサファリの魅力を知ってもらいたいのでオススメしているのです(全然野田さんとも連絡取ってないし、、)
ケンタローサファリ3

「プロフィールと想い」にも書かれていますが、 野田さんの想い、熱いですね。

『日本語で楽しく分かりやすく伝えたい』2012年、現地にサファリ会社を設立し、インタープリター・ガイドとして、旅行者を案内し、現地のオモシロ話を直接伝える一方、自然番組の撮影コーディネーターとして、大自然の神秘を映像を通じて届けている。

 日本語で楽しくわかりやすく伝えたい!野田さんのツアーは本当に楽しかった。普通、サファリってそこまで行くのも時間かかりますが、動物を見るまでにあちこちウロウロするんです。1日中あちこち動くので車中で暇を持て余すこともあります。現地のガイドはぼーっと動物探しに没頭する人もいますが、野田さんはお土産付きクイズをしてくれます。笑

もちろん、動物を見ながら、あの模様の意味は?どうしてオスが一頭か?どうしてこれらの動物が一緒に移動するか?どうして、何で、どうやって、何を、どこで、などもう頭がパンクしそうなくらいの解説がついてきます。

ぼくら家族が野田さんにツアーガイドをお願いしたのは、長男がまだ2歳になる前だった2012年の6月。小さい子どもがいても優しく丁寧に対応してくれてとても助かりました。義理の母も一緒に来たのですが(初めてのアフリカ旅行)、とっても楽しんでしました。新婚旅行で来られる方も多いと言ってたなー。

ですので、アフリカ旅行、サファリ旅行を考えているのなら、ぜひともKentaro Safariで極上のアフリカ経験をしてくれるととっても嬉しいですし、仲間が増えた感じがするので野田さんを酒の肴に日本でいっぱいしたいくらいです。

ちなみに途中で出したPorcupineはヤマアラシです。 

関連記事

  1. 4月の振り返り。成長しているのか?
  2. 2月はバズって大きな変化の波に乗り出せました。
  3. 藤圭子の生き様、信念が熱い!
  4. アフリカの角、ジブチでジンベイザメと泳げるんですよ。
  5. noteでの有料マガジンを是非ご購読ください
  6. ボーネルンドあそびのせかいが楽しい。アフリカ帰りだからじゃないよ…
  7. エチオピアといえばコーヒー。でも、エチオピアでは美味しくない?
  8. 学歴は足の裏の米粒。生きる力を身につけよう。
PAGE TOP