Review

お腹の中の虫を無事「退治」しました

おはようございます。126です。

ちょっと前に週末を絡めて国内旅行に出かけたんですよ。月に1度は国内出張に行くので、地方の食事も宿泊施設も普段から全く問題ないし、旅行先のホテルとなれば出張より格段いいので、それは快適に過ごしました。

エチオピアの地方リゾートはこんな感じで素敵です。
IMG_4132
IMG_4135
IMG_4138

写真の質がイマイチですが、デッキの上で娘とじゃれあったりもしてました。
IMG_4140

でも、なんでだかわからないけど、旅行から帰ってきた翌日、早朝からお腹が痛くなりだだ漏れの下痢になりました。何度も何度も下痢が流れ出たものの、腹痛も何もなかったので悪いものが出たかくらいの気持ちでいたんですが、仕事に出てしばらくすると身体中がだるくなってきたんです。

寒気はするし、座ってるのも辛いくらいだったので、医務室で度々体温を測ったところ、36.8度とか、、

それでもとにかく辛くて37.5度くらいになった夕方4時くらいに早退しました。

家に帰ると38.5度まで上がったので、風呂も入らずさっさと寝ました。

翌朝、すっかり熱も下がり、体の倦怠感もなかったのでいつも通り出勤。でも、相変わらず下痢をしていて、その頃には突き刺すような腹痛がたまにありました。そしてゴロゴロいってはおならが出るんです。

こりゃ、虫かな
 
エチオピアでは2回目となるこの症状。差し込むような痛みとよく出るおなら、これでぼくは経験上、寄生虫と勝手に断定しました。

そして、今回の虫下しに使ったのはコチラ。
虫退治

フランス製のアルベンダゾールでございます。

コチラ、見た目と食感はバリウムのような感じで飲みやすい味付けがされており、薬嫌いの方でも安心してご利用頂けそうですw 薬局で「虫下しくれ!」と頼んだところ、エチオピア製で1日3回を7日間服用する錠剤を勧められたんですが、2、3日の服用で終わるものを頼んだところ、これを勧められました。

これを夕食後に1本ペロリと飲み干します。それを今回は3日続けました。服用するときは飲酒厳禁。

説明書を見ると寄生虫の種類によっては服用日数を減らしたり増やしたりする必要があるとのこと。でも、ぼくのお腹の中の虫さんはどれだかわからなかったので、薬剤師の言う通り3日だけ服用しました。

ちなみにこの薬は回虫、線虫、鉤虫、鞭虫、条虫症などなどに効果があるらしいが、もう何が何だか。

結果として、差し込む腹痛は治まり、便通も通常通りになったので、飲酒を再開しました。あー、よかった。 

関連記事

  1. 「死」に触れて考える「生き方」
  2. JOCVフィールド調査団なるものがあります。これは面白い!
  3. エチオピアの「世界遺産」といえばラリベラ岩窟教会
  4. まだ餌付けされてるの?仕事は狩り。ブログは農耕。
  5. 女子力、可愛いべきか、強いべきか。スウェーデンから学ぶことが多い…
  6. 人事の理由なんて知りたくない。ぼくらはぼくらの道を生きる。
  7. 「セーシェル」「ラディーグ島」のススメ
  8. 国際人とはなんですか?ぼくの2015年版解釈
PAGE TOP