Middle East

世界を歩く犬(10)イスラム教の国で犬を飼うことの苦労とは。

おはようございます。タカハシイツロー(@takahashi126)です。

 

犬は不浄とされるムスリムの国ヨルダンで犬と生活しています

 

でも、実際は特に大きな問題もなく快適に過ごしているんですよ。1つの問題を除いては。

 

 

と、ある日の散歩のこと。

 

 

遠くに何かが!?

 no title

 

 

ん?猫!?

 no title

 

やっぱり猫ですね。

no title

 

なんだかこっちをジーっと見ています。さっき、ここを歩いて通り過ぎたので、どこかからひょっこり出てきたのですね。

 

何をしているんでしょう。

no title

 

 

と、思ったら、こっちに向かってきた!!!!!

no title

 

 

こうなると我が家の愛犬こはるは背中の毛を立てて大興奮になるので、そそくさと帰宅!!!

 

帰宅してもしばらく家に入ろうとしませんでした。笑

no title

 

 

そうです。ムスリムの国、ヨルダンの首都アンマンでの何に困るって、猫の多いところです。散歩に出るとあっちこっちに猫がいます。日本も多いと思うけど、アンマンの猫の多さはそれ以上です。

 

猫を見ると背中の毛を立てて、声を上げ、飛び跳ねて興奮する我が家のこはる。

 

唯一の悩みは猫が多いこと。まぁ、害はないといえばないのですが。

 

匿名でのご質問などはこちらから 

タカハシ126とは:自己紹介

ポッドキャストFairly.fm(https://fairly.fm)の番組購読・登録(無料)をするとエピソード更新時に自動でダウンロードされます。登録はiTunes(https://itunes.apple.com/jp/podcast/fairly-fm/id1223827026?l=en&mt=2)から!

関連記事

  1. エルサレムへの大使館移転問題。大切なのは恒久的和平合意のための前…
  2. あなたにとってシリア危機とは何ですか?
  3. 安全と言われていた国ヨルダンでテロが起きた、、残念です。
  4. アンマン、アメリカ大使館近くの美味いハンバーガー Fatty D…
  5. 世界を歩く犬(6)素敵な空の下
  6. 断食の月、ラマダン。テロではなく愛を!
  7. レバノンの航空会社MEAはシリア上空を飛ぶんです。
  8. 開発課題の溢れる現場を見ることで気づくこと。
PAGE TOP