ライフハック

目標は達成できる。どんな小さいことでもやり遂げたことを祝おう。そして新たな目標を立てよう。

 

おはようございます。タカハシ126(@takahashi126)です。

 

偉そうなことをブログで書いてるけど、僕もヘタレだよ。ホント、どちらかというと口だけだと思うからね。

 

でも、それでも思い返してみると実は結構有言実行なこともある。要はそういうのは結構忘れちゃうだけ。

 

人はみんな将来のことを散々気にして、今を必死に生きようとするけど、今まで自分がやって来たことをいい意味で振り返らないといけないんじゃないかと最近思うわけです。

 

いい意味で、過去を振り返る。今日、そして明日の活力を得るために。

 

有言実行した4つの目標

 

  1. アメリカに旅行する
  2. 犬を飼う
  3. 海外で仕事をする
  4. 主夫・髪結いの亭主になる 

 

1.アメリカに旅行する

 

これは高校生の頃、当時付き合ってた子に言っていたんです。「大学生になったらオレはアメリカに行く」って。

 
なぜかというと高校生の時に読んだ落合信彦氏の「狼たちへの伝言」という本に触発されたから、、、
 
ただ、その頃から「海外に出なくちゃダメだ!」という変な妄想があり、しかも「パック旅行じゃダメだ!」という小さいこだわりもあったため、アメリカ合衆国をバックパックで旅行しました。
 
旅行は西海岸を北から南へグレイハウンドバスで移動するというもの。ユースホステルを渡り歩きいろんな出会いがあり楽しかったです。
 
当時衝撃を受けたのは
  • 「マリファナ吸う?」と誘ってくるイギリス人ルームメイトに出会ったこと
  • 本場アメリカのFender Stratcasterを買おうとしたらカードの利用限度額を使っていて買えなかったこと
  • ソフトドリンクのおかわり自由なマックやバーガーキング(当時日本にはバーガーキングがなかった)
たかだかアメリカへのバックパック旅行ですが、やると言ったからには行動に起こしたということは立派!と自分を褒めてあげたい。
 
 

2.犬を飼う

 
小さい頃から飼いたかった犬。もう30過ぎてから飼い出しました。
 
飼い出したというか、ついて来たという方が当たっているかもしれないけど。結婚する前の妻が飼っていたので、、
 
でも、犬を含めての妻との結婚だったんで、飼い出したんです。妻を、あ、違った、犬を。
 
これも立派な有言実行!!!
 
 

3.海外で仕事をする

 
高校生の頃、冗談で言っていたのを今でも覚えている。「俺は七つの海で暴れる」と。
 
友人には「七つの海に股を広げる」んだろ!?とバカにされていたけど。
 
とにかく、海外に出たい、海外で働きたいという高校時代の漠然としたイメージは大学4年を経て国際協力の仕事に就きたいという確かな思いになり、今こうして国際協力の仕事をしているのはなかなか有言実行だ。
 
思い返せば高校時代に読んだ「イスラエルとパレスチナ」(立山良司氏著)という本を読んで中東問題に興味を持ち、入った大学で立山先生がイスラエルの講義を持っていて飛び込んだのも運命的な出会いだった。
 
そして、今、インドやアフリカを経て中東の地にいるのも何かの縁かもしれない。
 
思い返すと海外で働きたいという思いは小学生の頃に英語に興味を持ち出してから一貫して持ち続けた気持ちかもしれない。
 
これはGritかな。(Gritについての過去記事はこちら
 
 

4.主夫・髪結いの亭主になる

 

これは何がきっかけだったかわからないけど、やはり高校生の時「髪結いの亭主」になりたいと思うようになった。

要するに働かないで食わせてもらうヒモになりたい、という程度のこと。

普通の高校生って将来の夢というかなりたいものとか持っているんですかね?

まぁ、僕も持っていたんですよ、働かないで食っていける夫になりたい、という変な理想を。

でも、いつしかそれは無理だろうという現実が見えて来たんでしょうね、気がついたら主夫なりたいということを言うようになっていました。なかなか我ながら現実的です。

そしていつしか子育てをしたいと思うようになった。自分が子どもを授かったら子育てをしたい!という思いがだんだん湧いて来ていた。

 

幸い結婚した妻は仕事もしたいという考えがあり、幸い出産後も続ける仕事があったから、僕は仕事を辞めて2年間主夫をした。しかも、タンザニアで。

 

結論から言うと主夫は辛い辛かった仕事の方が全然楽もうしばらく主夫はしたくない!!と言うくらい辛かった。

 

でも、やりたいと思った主夫をさせてくれた妻と周囲の人々に心から感謝している。

 

そして、僕の決断力にも。

 

 

結論、実現したい4つの目標

 

どれも大した目標ではない。目標にしなくったってやりこなしている人は沢山いるだろう。

 

でも、大切なのは自分がイメージや欲求を持って「やりたい」とか「なりたい」と思った目標をどのように達成したかを振り返り、その後の今を考えるのは有意義だと思う。

 

そうすることで、自分の生き様を肯定することができる

 

実は誰だって自分が思っている以上に頑張っていろんなことを成し遂げているんだよ。

 

自分が何かを成し遂げた結果、おそらく見える世界が変わっているだろう。もしかしたら求めていたものが期待したほどじゃなかったと言うことがわかったかもしれない。そうやって成長していることが何より素晴らしいことだと思いたい。

 

目標にしたことは決して実現不可能なものではない。だから、新たにいくつかの目標を僕は持っている。

 

  • 移住する(岡山あるいは海外)
  • 起業する
  • 不労所得を得る
  • 社会活動をライフワークにする
 
いつになったら実現できるのかわからない。でも、どれもここ数年思い続けてけて来た目標だ。どれから実現できるかわからないけど、いつか一つずつ実現していきたい。

 

 

匿名でのご質問などはこちらから http://ask.fm/takahashi126

 

関連記事

  1. 無料・有料のマガジンを出しているnoteについて
  2. PVにどう向き合うか。現時点でのぼくの姿勢。
  3. 元政治犯の命を救え!?ナンテコッタ、エチオピア!!
  4. 僕らに、僕らの子どもに平和を。今こそ世界に愛と平和を。
  5. 質問に答えます:「中東で働きたい」
  6. エチオピアでの週末は残り17回だけ!何しよう!?
  7. mixiに久しぶりにログインして気づいた5つのこと。自分らしいソ…
  8. IKEAがあるだけで海外での生活レベルがググッと上がる
PAGE TOP