NPO/NGO

こんな生活もいいんじゃない?国際協力の世界の現実

40歳にして定職ない(不定期雇用)。

妻と子供二人と共に出稼ぎ海外生活。
契約終われば次の仕事が見つかるまでプー太郎。
日本に帰ってもそれぞれの実家以外住める家はない。(鋭意移住先を物色中)
8年連れて歩いてる犬がいるからどこにでも住めるわけでもなく、引越し荷物を抱えて動くのも結構不便。

なんかこれだけ読むと結構辛そうな生活ですよね?
でも我が家は犬共々みんな家族一緒で生活もどうにかなってるし、幸せなもんですよ。
似たような生活を送っている人の多くもそれなりに幸せなんじゃないかと思います。
いいでしょ?こんな生活があっても。
これは国際協力とか開発協力と言われる世界の現実ですよ。
食いっぱぐれる人も結構いると思います。
でも、日本でサラリーマン生活する以上の遣り甲斐もあると思います。
価値観は人それぞれだろうけど、これももう一つの生き方。

IMG_4012
 

関連記事

  1. 開発ワーカーを辞めると決めた3つの理由
  2. ファンドレイジングを通じて地域の課題を「見える化」できる人!!!…
  3. 開発ワーカーは不安定で将来性のない仕事か?
  4. トイレが世界を変える。LIXILとUNICEFのパートナーシップ…
  5. ホワイトリボンラン2018に参加します!アンマンで参加者募集中で…
  6. 生き甲斐、遣り甲斐探しが仕事探しになる非正規国際協力・開発ワーカ…
  7. 途上国での社会起業ビジネスのポテンシャルを感じるこの頃。この風を…
  8. 日本の社会問題を知るならこの7冊。子ども、貧困、暴力、差別、、

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP