NPO/NGO

こんな生活もいいんじゃない?国際協力の世界の現実

40歳にして定職ない(不定期雇用)。

妻と子供二人と共に出稼ぎ海外生活。
契約終われば次の仕事が見つかるまでプー太郎。
日本に帰ってもそれぞれの実家以外住める家はない。(鋭意移住先を物色中)
8年連れて歩いてる犬がいるからどこにでも住めるわけでもなく、引越し荷物を抱えて動くのも結構不便。

なんかこれだけ読むと結構辛そうな生活ですよね?
でも我が家は犬共々みんな家族一緒で生活もどうにかなってるし、幸せなもんですよ。
似たような生活を送っている人の多くもそれなりに幸せなんじゃないかと思います。
いいでしょ?こんな生活があっても。
これは国際協力とか開発協力と言われる世界の現実ですよ。
食いっぱぐれる人も結構いると思います。
でも、日本でサラリーマン生活する以上の遣り甲斐もあると思います。
価値観は人それぞれだろうけど、これももう一つの生き方。

IMG_4012
 

関連記事

  1. 段階別、国際協力への関わり方
  2. 日本発の国際協力のメディア「The Povertist」いかがで…
  3. 寄付ではなく応能負担として水道料金支払いの仕組みが維持管理には必…
  4. 遺贈寄付とは何か?社会を変える寄付のあり方とファンドレイザーの役…
  5. トイレが世界を変える。LIXILとUNICEFのパートナーシップ…
  6. 交換日記で綴る国際協力の現場で活躍する2人の女性のチーズを探す物…
  7. 途上国で人を雇うのは骨が折れる。契約書なんてあってないようなもの…
  8. 『お金の地産地消白書2017』をクラウドファンディングで支援!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP