NPO/NGO

こんな生活もいいんじゃない?国際協力の世界の現実

40歳にして定職ない(不定期雇用)。

妻と子供二人と共に出稼ぎ海外生活。
契約終われば次の仕事が見つかるまでプー太郎。
日本に帰ってもそれぞれの実家以外住める家はない。(鋭意移住先を物色中)
8年連れて歩いてる犬がいるからどこにでも住めるわけでもなく、引越し荷物を抱えて動くのも結構不便。

なんかこれだけ読むと結構辛そうな生活ですよね?
でも我が家は犬共々みんな家族一緒で生活もどうにかなってるし、幸せなもんですよ。
似たような生活を送っている人の多くもそれなりに幸せなんじゃないかと思います。
いいでしょ?こんな生活があっても。
これは国際協力とか開発協力と言われる世界の現実ですよ。
食いっぱぐれる人も結構いると思います。
でも、日本でサラリーマン生活する以上の遣り甲斐もあると思います。
価値観は人それぞれだろうけど、これももう一つの生き方。

IMG_4012
 

関連記事

  1. 開発ワーカーとして生き抜くには人脈、つまりは人とのつながりが大き…
  2. Podcastを半年ほど色々聞いて思ったこと。僕もPodcast…
  3. 市民による市民のための金融システム(NPOバンク)。ぼくらが変え…
  4. 二度と同じことが起こらないように、今僕にできることをする。
  5. 背信でも裏切りでもなんでもない、ただプロフェッショナルなだけです…
  6. 遺贈寄付で福祉に貢献。遺贈寄付への関心が高まる2016年。
  7. 社会課題をジブンゴトとして捉える。Social Salonの取り…
  8. 国際人とは何か?あなたにもできる、必要な資質はたった3つ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP