Middle East

情報発信をしているソースがなんなのか、調べて把握することが必要な時代になっている。

おはようございます。タカハシイツロー(@takahashi126)です。

 

仕事で中東情勢の報道をフォローしている中でPars Today(http://parstoday.com/ja)というニュースサイトに出くわしました。

 

関連記事:アメリカ大統領、イランに対する核関連の制裁停止を延長|Pars Today

 

2018年1月12日に公開されたアメリカ大統領のステートメントに関する報道ですが、聞き覚えのないニュースサイトだったのでどのようなサイトなのかウィキペディアで調べてみました。


 Citadel hill 2966 1920


するとこれはイラン・イスラム共和国放送(Islamic Republic of Iran Broadcasting、英語日本語)のラジオ放送のようです。2016年3月にPars Todayと改名したようです。

 

25言語でウェブサイトが公開されています。アーカイブからラジオ放送を聴くことができるようですが、まだ聞いていません。ヨルダンで聞けるかもわからないし。

 

こんなメディアが日本語で発信されているなんて!と驚きました。

 

フェイクニュースはだいぶ騒がれるこの頃ですが、ニュースソースやニュースを発信している媒体がどのようなバックグラウンドを持つかというのを把握しておくのも必要な時代です。

 

関連記事

  1. アフリカを知るには、目的に応じた魅力を理解する必要がある
  2. つぶやきから見る最近の気づき。
  3. 英語なんて不要!という姿勢に敢えて戦いを挑む
  4. いつろーぐって何よ?ブログのタイトルを変えてみました
  5. Polca支援を受けて考えた、これからのこと。
  6. 千里の道を一歩踏み出すために必要なのは、「考えないこと」
  7. 「子どもたちの書店体験」読書は必要か?大切か?
  8. ブロガーよ、間違ってなんぼ、大志を抱こうぞ!
PAGE TOP