Family

1時間だけ子どもの面倒をみてもらいたい、、、LINEで依頼するシッターサービスが始まるよ。

おはようございます。タカハシイツロー(@takahashi126)です。

 

凄い画期的なサービスが始まりました。

 

その名もここはぐ

 

ここはぐカバーページ

 

僕はタンザニアで2年間主夫をしました。パートナーにしてみれば頼りにならない主夫だったと思いますが、僕なりに息子が3ヶ月から2歳3ヶ月になるまで育てた自負はあります。

 

離乳食や予防接種、病院に連れて行ったり、子連れで買い物したり、初めての保育園など、貴重な体験は今でも素晴らしい思い出です。

 

でも、子育てをしているとどうしても人の助けを借りたい時があります

 

僕の場合、タンザニア現地のお手伝いさんを雇っていたので、だいぶ助けられる時がありました。でも、東京などの都会で、実家が遠いとか頼れる親がいないなどの状況では大変な思いをしているお父さん、お母さんがたくさんいると思います。

 

 

そんなお父さん、お母さんの助けになりそうなサービスを見つけましたよ。

 

LINE依頼 15分で 

 

1時間で3,000円、2時間で6,000円というのが高いか妥当かは経済レベルにもよるとは思いますが、LINEで依頼することでシッターさんが助けに来てくれるというお手軽サービスは子育て支援として非常に興味深いところです。

 

しかも2017年12月11日から15分無料体験というキャンペーン中らしい。

 

ここはぐキャンペーン

 

 

ただし、今は恵比寿ガーデンプレイス近郊でのサービスに限定されているようです。

 

でも、シッターが登録された保育学生とのことなので、面的な展開は可能かと思われます。多くの人が使うサービスとなれば、今後より多くの地域でサービスが提供されるのではないでしょうか。

 

ここはぐQA

 

 

匿名でのご質問などはこちらから 

タカハシ126とは:自己紹介

ポッドキャストFairly.fmの番組購読・登録(無料)をするとエピソード更新時に自動でダウンロードされます。登録はiTunesあるいはお使いのポッドキャストアプリから!

関連記事

  1. IKEAがあるだけで海外での生活レベルがググッと上がる
  2. 日本に帰ったらやりたいこと徐々に整理したいと思う
  3. エチオピアでの週末は残り17回だけ!何しよう!?
  4. 僕らに、僕らの子どもに平和を。今こそ世界に愛と平和を。
  5. 移住先としての岡山が素晴らしい10の理由
  6. 21世紀、日本の女子はどう生きるといいのか?我が子を育てるのに必…
  7. 少ないものは負け。数が勝負のカーストいじめ。逆手に取った逆差別。…
  8. 紀伊国屋の電子書籍がポイント25倍!金曜のうちにポチりまくろう。…
PAGE TOP