ライフハック

英語なんて不要!という姿勢に敢えて戦いを挑む

おはようございます。126(@takahashi126)です。

日本にいると英語って使わないですよね。英語を話せなくても別になんの不自由もないですよね。

それなのになんで学校で英語を勉強するんでしょう?

英語って本当に必要ないんでしょうか?

あなたには不要でも、子どもには必要

それでも英語はやっぱり必要なんだと思うんです。日本にいれば英語なんて全く知らなくても生きていけるのになんで必要かを説得力を持って説明するには今のぼくには正直難しい。でも、今のぼくなりに頑張ってみたいと思います。

まず、あなたが必要なくても子どもたちが必要になるはずです。

少し先には自動翻訳や同時通訳がもっと進んで英語を話せなくてもコミュニケーションも読み書きも楽になるという人がいるかもしれません。でも、SNSが多様化し、より個々人の間のコミュニケーションが重要になるとすると英語ができるできないは大きな違いです。

それなら「子どもが英語を身につければ自分には関係ない」となるかもしれませんが、まぁ、そうであれば仕方ないです。

英語には英語の空気がある、KYな日本人

日本人が大切にする空気。それは英語でも同じ。日本人がいう「空気読め」とは意味は異なるものの、英語を話す間柄には間柄の空気がやっぱりあると思います。

日本人として読むべき空気は「余計なことを言わない」「場を乱さない」というとこでしょうか?

英語的な空気は「自分の考えを伝える」「はっきり考えを伝える」というところでしょうか。

そのような英語の空気は、英語を話せないとなかなか保つことができないとぼくは感じます。ネイティブと雑談するような場面では、やっぱり空気に馴染めず浮いてしまう自分を常々感じるからです。

伝えるにも適切な伝え方でないと空気を壊すことになるというのはぼくは経験しました。なんかうまく伝えられないと、「何、こいつ?」になっちゃいますよね。

他の国では英語は普通

これはたいして説得力ないでしょうが、多くの国では英語は普通に話されています。旅行すれば分かるかと思いますが、いく先々の国に母国語があっても英語が話せればそれほど不自由なく旅行ができます。

だって、旅行先の人々が英語話せるんですもん。

小学校から英語で授業をするという国の人と、小学校からABCを習う程度の国の人との間にコミュニケーション能力の違いがあっても当然です。

楕円形とか円錐とか小学校で英語でやってるわけですから。椅子引いてー!一列に並んでー!とか言われてるわけですから。

日常に英語があるという時点で英語でのコミュニケーション能力には差が出ても仕方がありません。

それでも不要というあなたに

英語は不要で身につける必要がないというのであれば、それでいいのではないでしょうか。

個人の自由ですから。笑

でも、英語を学ぶ機会はあちこちに転がっています。英語を身につけると世界が広がるのは事実です。狭い日本で井の中の蛙にならずに英語で世界を広げてみてはどうでしょうね。

21世紀ですから駅前留学はナンセンス

Twitterを見てみるとオンライン英会話のつぶやきは多いですねー。

・英語で会話する必要のある外国人の友人を作るとやる気も出るでしょうね。でも、そもそも英語で話す友達を作る人は自分ですでに英語を学ぶ努力をしていることでしょう。

・NHKラジオ英会話を地道に続けるのは覚悟が必要ですが、素材はいいです。ぼくはオーディオブックのFeBe でラジオ講座(実践ビジネス英語)をダウンロードして3年ほど続けています。

ネイティブイングリッシュとかNativeCampなどのオンライン英会話も便利でしょうね。 

参考までに広告を貼っておきます。



 

ご質問などはこちらで受け付けています。匿名でのご質問もできます。

http://ask.fm/takahashi126 

関連記事

  1. 移住先としての岡山が素晴らしい10の理由
  2. ついにわかった!日本で「今でしょ!」が響く理由。
  3. つぶやきから見る最近の気づき。
  4. ブログのネタの探し方。1つの媒体から10本以上のブログ記事を書く…
  5. 素敵な「恋愛」との出会いは「仕事探し」と同じって知ってた?
  6. 一部の国でしか十分活用できないSNSの便利技。と、noteの宣伝…
  7. 一年の計をやめて三年、五年、十年の計を今やろう。それがグリットの…
  8. 学歴は足の裏の米粒。早稲田政経を選ばなかった僕だから今がある。
PAGE TOP