Review

「セーシェル」「プララン島」のオススメスポット




おはようございます。126です。

 

プララン島はセーシェルの首都ヴィクトリアのあるマヘ島から国内線(飛行機)で30分ほど。フェリーだと1時間ほどらしい。

 

素敵なビーチ、ラツィオ

 

島の北西部にはプララン島に来た旅行者は誰もが目指すという素敵なビーチがあります。

 

その名もラツィオ。

 

サッカーチームと同じ名前だからすぐ覚えられます。

 

こんなところです。


ラツィオビーチ
 

歩くと足の裏が気持ちいい白い砂浜

青の綺麗さをどう形容していいかもわからない綺麗な海

 

写真の苦手な妻がとってもこれだけ綺麗に撮れるんです。プールみたいに綺麗でしょ。


妻が撮った素敵な写真

 

場所はここです。
 

 

車で軽い山道を越えていくと、突き当たりにあります。

 

白人の中にはトップレスになっている女性もいました。

 

まぁ、とにかく綺麗なんです。

 

難点を挙げるとすれば少々波が高い、ということくらいか。

 

秘密の楽園、双子椰子

 

プララン島といえば、ここの固有種と言われている双子椰子を見ないわけにはいきません。

 

島の中西部にある山は国立公園となっていてUNESCOの世界遺産にも登録されています。

 
UNESCO世界遺産にも登録
 

双子椰子とはこんなの。

 

双子椰子ってこんなの
 

この入り口を通り抜けると国立公園です。

 

公園入口
 

楽しい動物探し

 

アフリカで国立公園というとライオンやチーター、象やカバのいるサファリを思い浮かべるでしょうが、ここは森なので探す動物も森の動物。ヤモリやカエル、野鳥などです。

 

ジャックフルーツを食べるコウモリがいました。


 公園にてジャックフルーツを食べるコウモリ


そしてゲッコー(ヤモリ)。

ゲッコー

昼間は葉っぱの上で休んで、夜になると活動するというカエル。


カエル

 

双子椰子の雄しべに捕まるゲッコー。


椰子の雄しべにゲッコー
 

小川にはカニなども。


小川にカニ
 

 

静かに音を立てないように行う森の小動物探しは子どもたちも楽しかったようです。

 

アダムとイブの禁断の果実

 

足元には双子椰子も。双子椰子の密漁もあるらしく、どの双子椰子にも番号が振ってちゃんと管理されていました。


足元に落ちている双子椰子

登録番号が付いている双子椰子

 

空港などに打ているお土産物の双子椰子も全て登録番号が貼ってあったので、万が一登録番号のない双子椰子を持っていると没収されるのではないかと思います。

 

不思議な植物もいっぱい。

 

不思議な植物1

不思議な植物2
 

山頂からの景色も素晴らしかったですよー。

 

公園からの絶景
 

我が家ではお尻椰子と呼んで堪能しましたが、とっても不思議な形の椰子の実ですねー。

 
最後にお尻椰子
 

公園にはツアーガイドもいてフランス語と英語でガイドしてくれます。

プララン国立公園は、プララン島の真ん中!
 


関連記事

  1. 岩塩、必ずしも体にいいわけじゃない?でも、愛用しています。
  2. エチオピアといえばコーヒー。でも、エチオピアでは美味しくない?
  3. 2月はバズって大きな変化の波に乗り出せました。
  4. 水道サービスにて顧客満足度を高めるICTツール、6つのポイント
  5. やるべきことが沢山あって、むしろワクワクする
  6. サハラ以南アフリカ初の市電に乗ってみた
  7. アンマン、アメリカ大使館近くの美味いハンバーガー Fatty D…
  8. 「ハンターベスト」というオシャレなすぐれもの
PAGE TOP