ソーシャル

2018年、あなたはどれだけ寄付をした?僕の寄付総額と2019年最初の寄付

おはようございます。タカハシイツロー(@takahashi126)です。

 

2019年の正月休みは元日だけだったので全然年末年始という感じはしませんでしたが、せっかく2019年になったの2018年の振り返りをしたいと思います。

ポッドキャストFairly.fmエピソード78で「簡単にホイホイ寄付しちゃう」なんて言った僕ですが、2018年はどれだけ寄付をしたのか振り返ってみました。

 

 

寄付総額

クラウドファンディング以外で行った寄付があったかどうか思い出せないのですが(笑)、僕が既に登録しているクラウドファンディングでの寄付履歴を見たところ、2018年は総額78,500円を寄付しました

 

このうちReadyforでの寄付は33,000円、CAMPFIREでの寄付は45,500円でした。

 

ちなみにKickstarterや購入型のサロンはどちらかというとプロダクトやサービスに対する支払いという意識なので今回は含めませんでした。

 

 

寄付した活動から見る傾向

まず、2018年に支援したプロジェクトはザッと以下の8件です。

 

 

友人・知人の活動支援は実に6件(75%)です。やはり考えや目的がわかっている友人・知人の活動となると支援する側もワクワクしますよね。

 

海外での事業、海外と関係している事業が5件(62.5%)です。

 

サンプル数が少ないのでそれほど傾向らしい傾向が読めませんが、振り返って見るとなかなか面白いものです。

 

なんか、もっと多く寄付しているかと思ったけど、それほどでもないもんですね。

 

この他polcaというフレンドファンディングアプリで高校生のウガンダ渡航を支援しました(1,500円)。

 

あと他の寄付プラットフォームで寄付した何かを忘れている気がするのですが何なのか思い出せないのでよしとしましょう。笑

 

 

2019年最初の寄付

さて、年が明けて1週間ですが早速今年も寄付をしました。

ニッポン複雑紀行の運営資金の支援をしました。

 

僕は海外でかれこれ15年くらい生活しています。海外で子どもを育てていると、ふと日本に帰った時の生活を考えるときがあります。

我が家が日本に帰ったとき、問題なく日本社会に馴染めるか?

 

これはおかしな話かもしれませんが、我が家が良く考えることです。長男は既に漢字学習が難しいというし、算数の文章問題も英語の方が楽だと言います。

 

日本に帰ったら「海外から帰ってきた人」だし、親も子も日本社会での生活にうまく馴染めるか正直不安なのです。

そう考えると日本で生活する外国籍の方々や移民や難民の方の生活にも自然と感心が湧いてくるもんです。そうでなくても、ここ最近は技能研修生や難民の待遇や生活環境が問題視されている傾向もあります。

 

そんな中ニッポン複雑紀行のようなウェブマガジンがもっと広く読まれ、様々な実情を取材して発信してくれるならいいことじゃないかと思うんですよね。そんな気持ちで今年最初の寄付をしました!

 

2019年はいくらほど寄付することになるか自分の寄付行動もしっかり分析してみようかと思います。

 

 

関連記事

  1. ノンフィクションを中心とした本が大好きです。読書メーターで友達に…
  2. マイ箸ではなく、マイボトルを持ち歩いて、水は買わずに給水ポイント…
  3. 僕が自分で翻訳してでも日本に紹介したい本:NPOやソーシャルセク…
  4. ポッドキャストの社会的利用法:日本のNPOはポッドキャストで活動…
  5. 意見はいろいろあるし、どれにも一理ある。だけど、一番考えるべき問…
  6. こんな素敵なマスターベーションはない!街を綺麗に、より良い環境の…
  7. 女性のためのホワイトリボンランにヨルダンからバーチャル参加しまし…
  8. 移動中の車の中で考えた僕に足りないものと本との出会い

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP