DIY

「低燃費少女ハイジ」の英語botがなかなか勉強になる

大して話せないのに、こういう表現だけはすぐ身につくもんですよね。

でも、ここら辺のはちょっと知り合った人に使うには、なかなか使い勝手が良さそうな気がしますね。

だいぶ友達になってきたら、おごったり、酔っ払ったり、個人的な趣味の話ししたり?!なんかわくわくする頃だね。

そして、ついになんていうか、好き、みたいな!?

もう低燃費少女ハイジのbotをフォローしたのは何年前だかも覚えていないけど、たまに「へー」とか「ほー」とかいう表現は出てくるし、「なるほど」とか「そういうことだったのか!」という表現もあり、たまに調子に乗って使ってみます。でも、帰ってくる反応や、その後の展開がだんだんわからなくなるという現実に直面するのがオチです。

 


関連記事

  1. エチオピアでブログはやってはいけない!!4つの理由。
  2. 有料コンテンツから身を引くタイミングを覚えるといいと思う
  3. 途上国での社会起業ビジネスのポテンシャルを感じるこの頃。この風を…
  4. コーヒーは濃いか薄いかだけじゃないでしょ
  5. 健康的なネットワーキング、スウェットワーキング
  6. 2016年も既に8%消費済みですよ。目標達成のための筋トレしなく…
  7. 新年度の新たな決意表明として
  8. ぼくのセッションレポート企画は大失敗でしたー
PAGE TOP