DIY

「低燃費少女ハイジ」の英語botがなかなか勉強になる

大して話せないのに、こういう表現だけはすぐ身につくもんですよね。

でも、ここら辺のはちょっと知り合った人に使うには、なかなか使い勝手が良さそうな気がしますね。

だいぶ友達になってきたら、おごったり、酔っ払ったり、個人的な趣味の話ししたり?!なんかわくわくする頃だね。

そして、ついになんていうか、好き、みたいな!?

もう低燃費少女ハイジのbotをフォローしたのは何年前だかも覚えていないけど、たまに「へー」とか「ほー」とかいう表現は出てくるし、「なるほど」とか「そういうことだったのか!」という表現もあり、たまに調子に乗って使ってみます。でも、帰ってくる反応や、その後の展開がだんだんわからなくなるという現実に直面するのがオチです。

 


関連記事

  1. 途上国での社会起業ビジネスのポテンシャルを感じるこの頃。この風を…
  2. 変わるのを恐れたらそこでおしまい。年齢や立場に囚われず、変わって…
  3. 道具は大切なんだと実感した話。MarsEditでブログ作成の質が…
  4. BBQの灰には畑を元気にしてもらいましょう。
  5. Rakuten Social Acceleratorが面白そう!…
  6. 為末さんの言葉を読んで、思ったこと
  7. 「恐ろしい停電」生活は「安定した停電」生活になりました
  8. 役立たずなお父さんでもできる週末の手作りうどん
PAGE TOP