世界を歩く犬

世界を歩く犬(6)素敵な空の下

おはようございます。タカハシ126(@takahashi126)です。

 

冬になると散歩は辛いものです。今まではアフリカに住んでいたのでそれほど寒いというのはなかった。

 

とはいえ、標高2、400mもあるエチオピアの首都アディスアベバは寒い時はダウンジャケットだって欲しくなるくらい寒い!

 

でも、エチオピアでは前にも書いた通り一度も散歩しなかったので辛い思いはなかった。笑

 

タンザニアでの散歩は大体灼熱の太陽の下だったので寒さに苦しむことはなかった。

 

今住んでいるヨルダンの首都アンマンは雪だってふるところ。気温が氷点下になる時もある。

 

冬になってからそんなアンマンでの散歩はいつも暗闇の中。朝5:30から30分ほどと夕方5:30から30分ほど。

 

特に朝なんて風が吹いていると寒いのなんのって、日本と変わりません。

 

が、週末になると少し明るくなってから散歩するので素敵な光景に出会います。

 

それは朝焼け。
 

背筋が伸びる朝焼け

 

何となくこはるも心地よさそう。そりゃ、真っ暗よりいいよね。

清々しい朝の散歩

 

休日は夕方の散歩も日没前後なので明るい。

夕方も気持ちがいい

 

素敵な空を見るのも散歩の楽しみの一つ。

 

素敵な夕焼け

 

匿名でのご質問などはこちらから http://ask.fm/takahashi126

関連記事

  1. 世界を歩く犬(11)命の系譜
  2. 世界を歩く犬(9)9年前に日本に来た頃、でも今はヨルダン
  3. 世界を歩く犬シリーズ始めます。ザンビア生まれの愛犬こはるの物語(…
  4. 世界を歩く犬 (4) 世界どこでも一緒に居られる幸せ
  5. 世界を歩く犬(7)こはる、10歳になりました
  6. 【保存版】海外に犬を連れていく時、海外から犬を連れて帰る時に必要…
  7. 世界を歩く犬(5)エチオピアの事情。散歩をしない犬。
  8. 世界を歩く犬(12)11歳の誕生日
PAGE TOP