世界を歩く犬

世界を歩く犬シリーズ始めます。ザンビア生まれの愛犬こはるの物語(1)

おはようございます。タカハシ126(@takahashi126)です。

 

海外非正規労働者である開発ワーカーの僕は犬を連れて歩いています。

 

生まれは南部アフリカにあるザンビア共和国の首都ルサカ市。名前はこはる。誕生日は2月2日。にゃんにゃんの日だから猫を見たときの興奮ったら凄いもんです。

 

1歳の頃はこんな感じで甘えてくる可愛い子でした。
 

DSC03606

 

寝相も豪快だった!!

DSC03773

 

ザンビアでは生まれてから1年8ヶ月過ごし、2008年10月に日本にやって来ました。

 

ハルちゃん置き去りの図

(カーゴで出発前のこはる@ルサカ国際空港)

 

日本に来て最初に与えられたベッドはあまりにも小さかった、、、

DSC03791

 

初めてのお友達は「お父さん」www

DSC03793はると新しい友達

 

この時はこれからどんな生活をすることになるのか想像もつかなかった。

 

ご質問などはこちらから http://ask.fm/takahashi126

関連記事

  1. 世界を歩く犬(12)11歳の誕生日
  2. 世界を歩く犬(6)素敵な空の下
  3. ウェルカム、新しい家族!そして知った環境に優しいドッグフード
  4. 世界を歩く犬(10)イスラム教の国で犬を飼うことの苦労とは。
  5. 世界を歩く犬(5)エチオピアの事情。散歩をしない犬。
  6. 【保存版】海外に犬を連れていく時、海外から犬を連れて帰る時に必要…
  7. 世界を歩く犬 (2) 生まれ故郷、ザンビアでの生活
  8. 世界を歩く犬(7)こはる、10歳になりました
PAGE TOP