Middle East

シリア危機、そろそろ終わるか!?反政府派やクルド系組織の今後の扱いはどうなる?

おはようございます。タカハシ126(@takahashi126)です。

 

カイロの正教会で爆破テロがありましたね。

 

預言者モハメッドの生誕日前の週末はイスタンブールでもクルド系武装組織によるテロもあり、なんだか不穏な空気があちこちで流れていた気がしてしまいます。
 

内戦状態の続くシリアではアレッポでの戦いがそろそろ終わるかという状況のようです。
 

昨日のBBCでもアレッポの戦いが終わる、今後はどうなるかといったような内容が放送されていました。
 

ニューヨークタイムズの記事はアメリカがトランプ政権樹立前に早いところロシアと手を組んだ方がいいとしている。そろそろ内戦終結、シリア危機の終結となりそうかという状況はあまり日本では報道されていないのでしょうか。

 

 

 ところ変われば、というか住むところ変われば見えるもの、気になるものも変わるもので、オスプレイよりもシリアの情勢、アレッポの状況、アサド政権を中心とした列強の駆け引きがとにかくきになるこの頃です。

シリア

(公益財団法人中東調査会http://www.meij.or.jp/kawara/2016_138.htmlより) 
 

ご質問などはこちらから http://ask.fm/takahashi126

関連記事

  1. 今を歩いて過去を見れる街ベイルート:ホテルの戦いを生々しく感じる…
  2. 断食の月、ラマダン。テロではなく愛を!
  3. ヨルダンの首都アンマンのショッピングモールは充実している
  4. ポッドキャスト公開収録Fairly Meetup 2019の魅力…
  5. エルサレムへの大使館移転問題。大切なのは恒久的和平合意のための前…
  6. 中東のパリと言われたベイルートで自爆テロ未遂!一歩遅れれば無差別…
  7. 安全と言われていた国ヨルダンでテロが起きた、、残念です。
  8. 質問に答えます:「中東で働きたい」
PAGE TOP