ライフハック

我が家の知育玩具はこれ!電気のない途上国でも楽しめる子どものおもちゃ。

おはようございます。126(@takahashi126)です。

小さなお子さんをお持ちのかたはどんなおもちゃをお子さんに買っていますか?

我が家は妻がいろいろと検索して、知育にもなるおもちゃはないものかと勉強熱心です。

また、子どもの友達の家に遊びに行くと我が家にはないおもちゃもあり、そんな交流を通じて知るに至ったおもちゃもいろいろあります。

テレビゲームは、、、ちょっと

ぼくは小学校4年の頃に当時(1984年頃?)大人気だった初代ファミコンを近所のディスカウントストアで買いました。お年玉でね!確か一緒に買ったソフトはドンキーコングジュニアだった気がします。

うちの子はまだ未就学なので携帯テレビゲームデビューはしていませんが、小学生の子供達を見るとみんな携帯テレビゲームを持っていて「今」という時代を感じるものです。

でも、さすがに今はまだちょっと、、、というご家庭もあるのでしょう。

ゲーム自体、あるいはゲーム全てを否定するつもりはありませんが、なんとなくゲームをやらせていいのかという印象的な疑問もあるのが親というものなんでしょう。

今日は我が家のおもちゃをご紹介します。

まず、最近は2歳の下の子も一緒に遊ぶようになった<マグフォーマー>。これは大人が遊んでも面白いですねー。ワクワクしますよ。よくある他のブロック系おもちゃと同じで、中身が異なるいろんなタイプがあります。必要によっては買い足すというのもアリですかね。

「日本版正規品」MAGSPACE・マグスペース 62 高級「デザイナーセット」 想像力を育てる知育玩具 
 

いろんなバージョンがあるので、子どもの興味関心に合わせて買うといいでしょうね。

マグフォーマー 30ピース レインボーセット MAGFORMERS マグネットブロック 創造力を育てる知育玩具
  

MAGSPACE・マグスペース30 高級「レインボーセット」 想像力を育てる知育玩具 

5歳の上の子が大好きなのがウノ UNO カードゲーム(B7696)
。最近はいろんなキャラクターのUNOがあり、大好きなアニメでやるUNOはこれまた面白いんでしょうね。我が家はゲーム ウノ トイ・ストーリー 3 (R2822)
を使っています。他にもいろいろあるようですのでポチッと見てみてくださいな。

最近の人気はやっぱりこれでしょうか。アナ雪!

これは買い!!

友達のお家で遊んでこれは日本に帰ったら買いだ!というのがいくつかあるので備忘録も兼ねてご紹介を。

前回別の記事でも紹介しましたが、これは帰国前にポチッとして帰国時には居間に置いておきたいゲームです。下の子はまだ2歳なので参戦できないけど、おじいちゃんやおばあちゃんとも一緒に遊べる楽しいゲームがブロックス (BJV44)。いろんな形のブロックを角だけがつくように並べて手持ちのブロックを一番多くますに置けた人が勝ちというゲームです。これが大人もハマる面白さ

ブロックス (BJV44) 
 
妻と子どもたちがお友達の家に遊びに行ってハマったというゲームがどうぶつしょうぎ。簡単で楽しくて頭を使うという遊びの三大良い要素(?)が詰まったゲームのようなので、これも買いです。

どうぶつしょうぎ 
 

どうぶつしょうぎ
大きい版がごろごろどうぶつしょうぎ。ますも駒も多くなってより頭を使う上級どうぶつしょうぎとでもいうのでしょうか。

ごろごろどうぶつしょうぎ
 
 

その他にはごきぶりポーカー・ロイヤル Kakerlakenpoker Royalなるものとドブルというおもちゃも狙っています。次回日本に帰ったらポチりたいところです。

ごきぶりポーカー・ロイヤル Kakerlakenpoker Royal 

 

ドブル 

 

家族で遊べる知的ゲームにそそられる

こう見てみると我が家で選ぶゲームの傾向が見えてきますね。ズバリ、家族で遊べる知育ゲーム。

子どもたちが大きくなるにつれ一緒にできることも増えるでしょう。同時に徐々に自立していくことになるのでしょうが、一緒に遊べる知的ゲームは大人にとっても魅力だと思いますよ。

とはいえ、日本に帰ったら押入れに眠らせているWiiを引っ張り出して、みんなでテニスをやることも考えています。笑

ご質問などはこちらで受け付けています。匿名でのご質問もできます。
http://ask.fm/takahashi126 

関連記事

  1. 仕事であっても、信条の理由からユナイテッド航空の利用を断るのは、…
  2. 4年以上続けたからこそオススメしたい朝5分でできる健康法
  3. エチオピアのインターネット。値段が高いだけじゃない!
  4. 【保存版】海外に犬を連れていく時、海外から犬を連れて帰る時に必要…
  5. ブログは書き続けることに意味がある。ブログの3つのメリット。
  6. 浦和、親善試合、サポーターをやり玉に挙げ炎上商法している議員は無…
  7. アフリカに挑戦する日本人のためのメディア、Africa Ques…
  8. アフリカを知るには、目的に応じた魅力を理解する必要がある
PAGE TOP