ライフハック

生きているだけで青春と思いたい。あの頃は良かったなんて思わないように。

おはようございます。126(@takahashi126)です。

青春は、人生に一度だけやってくる

Henry Wadsworth Longfellowというアメリカの詩人の言葉らしいです。

そうですかね?

いや、ぼくはそうは思わない。いつだって、青春したい。

青春とは何か?

という定義次第だけど、新しいことにワクワクし、チャレンジし、挫折し、またチャレンジする。それは一つの青春だとおもう。

若い頃にある何かしらの儚さ。もろさ。それも青春を構成する要素だろうか。

でも、そんな儚さやもろさが年をとったら触れることがないものかというとそうではない。

家族を築いたら青春は終りだなんて誰が決めた?

40歳を超えたら青春はないなんて誰が言った?

恋だけが青春か?

ぼくは生きているだけで青春と思える瞬間がいくらでもあると思いたい。

あの頃は良かったなんて思いたくない。

いつだって、今がいいはず。

今をよくするために、今を生きるんだから。

ところで、この言葉、英語では

Youth comes but oncein a lifetime.

青春は「若さ」としているところで、訳がおかしい!と噛みついてみたい。

 ご質問などはこちらで受け付けています。匿名でのご質問もできます。

http://ask.fm/takahashi126

関連記事

  1. 日本で朝のニュースを見ちゃう3つの理由!!!
  2. 「やりぬく力」グリット(grit)とは何か?
  3. ブログが個人メディアであり芸術作品であると気づいた瞬間
  4. あなたの人生を楽しくする方法はブログかもしれない。3つのコアバリ…
  5. noteで有料マガジンに注力しています。
  6. 社会人としての3つの間違い。日立と東芝の社長から学ぶ。
  7. パラレルワークの3つのメリット:世界が変わるきっかけになる。
  8. AERA1冊からどれだけブログが書けるか耐久ブロガソンしてみます…
PAGE TOP