ライフハック

生きているだけで青春と思いたい。あの頃は良かったなんて思わないように。

おはようございます。126(@takahashi126)です。

青春は、人生に一度だけやってくる

Henry Wadsworth Longfellowというアメリカの詩人の言葉らしいです。

そうですかね?

いや、ぼくはそうは思わない。いつだって、青春したい。

青春とは何か?

という定義次第だけど、新しいことにワクワクし、チャレンジし、挫折し、またチャレンジする。それは一つの青春だとおもう。

若い頃にある何かしらの儚さ。もろさ。それも青春を構成する要素だろうか。

でも、そんな儚さやもろさが年をとったら触れることがないものかというとそうではない。

家族を築いたら青春は終りだなんて誰が決めた?

40歳を超えたら青春はないなんて誰が言った?

恋だけが青春か?

ぼくは生きているだけで青春と思える瞬間がいくらでもあると思いたい。

あの頃は良かったなんて思いたくない。

いつだって、今がいいはず。

今をよくするために、今を生きるんだから。

ところで、この言葉、英語では

Youth comes but oncein a lifetime.

青春は「若さ」としているところで、訳がおかしい!と噛みついてみたい。

 ご質問などはこちらで受け付けています。匿名でのご質問もできます。

http://ask.fm/takahashi126

関連記事

  1. プレミアムフライデーなんかより早く導入するべきものがある!
  2. あなたの出来ない時間の優先順位づけをします!つまり、ブログの更新…
  3. 人事の理由なんて知りたくない。ぼくらはぼくらの道を生きる。
  4. エチオピアはアディスアベバにおけるSNS規制2日目
  5. 今を歩いて過去を見れる街ベイルート:ホテルの戦いを生々しく感じる…
  6. PVにどう向き合うか。現時点でのぼくの姿勢。
  7. ブログが個人メディアであり芸術作品であると気づいた瞬間
  8. 現場とは何か?資生堂社長の話と開発協力の現場について。
PAGE TOP