ライフハック

明日はないかもしれないから今を生きよう

おはようございます。126(@takahashi126)です。

気がつけば早いもので6月ですね。日本はすっかり暑くなってきてるのでしょうか。梅雨でしょうか。

ぼくのエチオピアでの生活も3ヶ月を切り、残すところ11週間。週末がたったの11回しかない!!

なんでも計画的に進めていかないといけない時期になってきました。

終わりを望んで、今を見る

エチオピアを出発する日はもう決まっているので、そこから逆算してするべきことを整理する必要があります。終わりがはっきりしているから計画的な準備ができます。

これは日々の生活においても一つの示唆があります。

ぼくらは「いつか死ぬ」と知っていても「いつ死ぬかはわからない」。むしろ、死ぬのは遠い先だと思っている。

でも、もしかしたら事故や災害で今日や明日にでも死んでしまうかもしれない。自分が死ななくても、大切な人を失ってしまうことになるかもしれないのです。

日々、死ぬかもしれないと考えて生きていくと息苦しい。

でも、いつか訪れる死を頭の片隅に置いて、今やるべきこと、自分に大切なこと、大切な人を想って生きることは、生き方そのものを良い方向に変える原動力になると思います。
誰かが教えてくれる
20160419_advice silhouette

以前、という記事でも書きましたが、自分自身の死を毎日感じなくても、ふと失った友人を思い出すと、今何をするべきか、今の自分で良いのかと自問します。

かりゆし58というバンドの有名な歌「さよなら」という歌の歌詞にこんなのがあります

僕が生きている今日はもっと生きたかった誰かの明日かもしれないから

だから、というわけではなく、自分が生きている間に自分らしく後悔のない生き方をするべきであることを「もっと生きたかった誰か」や友人が教えてくれていると思っています。

エチオピアでの限られた時間を精一杯生きていくために、一瞬を積み重ね、毎日を紡ぎ、明日へと一歩踏み出すことを楽しみたいと思います。

ご質問などはこちらで受け付けています。匿名でのご質問もできます。

http://ask.fm/takahashi126 

関連記事

  1. 紀伊国屋書店、ポイントセールがお得!お盆は電子書籍の買いだめだ。…
  2. 開発ワーカーとして生き抜くには人脈、つまりは人とのつながりが大き…
  3. 最近の頭の中をちょっと覗いてみます。
  4. ポッドキャストをはじめて半年。課題とこれからの挑戦について。
  5. お勧め育児漫画ブログはこの2つ。漫画のタッチ、ネタや子どもの言動…
  6. 僕らは権利や差別についてもっとセンシティブになる方がいいと思う。…
  7. 単調な毎日を「二度と来ない」素敵な1日に変える方法
  8. 社会人としての3つの間違い。日立と東芝の社長から学ぶ。
PAGE TOP