世界を歩く犬

世界を歩く犬(11)命の系譜

おはようございます。タカハシイツロー(@takahashi126)です。

 

National Geographicのサイトに目を引く記事がありました。

 【関連記事】絶滅寸前から復活、3500年続く古代犬種”ショロ”

 

 

古代犬種、ショロ

シュロNational Geographicより

National Geographic

 

気になってちょっと調べてみました。 Wikipediaによると

 

実用犬としての働きは湯たんぽや温湿布として使われることである。

 

画像検索をすると本当に毛のないワンちゃんの写真が出てきました。かなり独特な感じです。

 

シュロ検索画像 

 

幻の犬とか絶滅をキーワードに検索してみると結構いろんな情報があります。

 

絶滅したと考えられていたPNGのハイランドワイルドドッグとかペルーのアマゾン幻のジャングル犬など。

 

【関連記事】 絶滅と考えられていた犬、半世紀ぶりに見つかる 

【関連記事】 幻のジャングル犬の親子を撮影、おそらく初

 

今では犬をペットとして飼う家庭も多いかと思いますが、古くから人間と生活を共にしてきた犬について色々知ると余計に愛着が湧いてきます。

 

 

こはるはどんな血を持っているのか

 

我が家にはザンビアで生まれた犬がいます。

 最近のこはる

 

父親犬は路上で売られていたところを日本人の友人が購入した我が家のこはるそっくりの犬、名前はメイ。

 

母親犬は青年海外協力隊員(JOCV)に飼われていたものの、帰国に伴い日本人の家に引き取られた真っ黒の犬、名前はテト。

 

見た目はアフリカのどこにでもいるような細身の中型犬。
 

 DSC06762

 

毛は短く、若い頃に日本で散歩をしていたら、すれ違った見知らぬお婆さんに「ヤギかと思った!!」と言われたくらいスリムでした。

 

雰囲気的にウィペットなどのハウンド(狩猟犬)系かと思ったこともありますが、もともとアフリカにいた犬種なのでしょうか。

 

ザンビアで生まれ、日本、タンザニア、エチオピア、ヨルダンで我が家と共に暮らすこはるがどのような血筋であっても、我が家にとって掛け替えのない家族であることにはかわりないので、血筋や出自は大して意味がないのですが、彼女まで繋がってきた命の系譜がふと気になりました。

 

 

匿名でのご質問などはこちらから 

タカハシイツローとは:自己紹介

 

関連記事

  1. 【保存版】海外に犬を連れていく時、海外から犬を連れて帰る時に必要…
  2. 世界を歩く犬(6)素敵な空の下
  3. 世界を歩く犬(5)エチオピアの事情。散歩をしない犬。
  4. 世界を歩く犬シリーズ始めます。ザンビア生まれの愛犬こはるの物語(…
  5. 世界を歩く犬(10)イスラム教の国で犬を飼うことの苦労とは。
  6. 世界を歩く犬(3)ある老人に言われた言葉が衝撃でした
  7. 世界を歩く犬(7)こはる、10歳になりました
  8. 世界を歩く犬(12)11歳の誕生日
PAGE TOP