Middle East

IKEAがあるだけで海外での生活レベルがググッと上がる

おはようございます。タカハシ126(@takahashi126)です。

 

先日初めてヨルダンの首都アンマンにあるIKEAに行ってきました。

僕にとっては人生初めてのIKEAだったのでワクワクドキドキだったんですが、あまりそこまでは期待していなかったのも正直なところです。

でも、行った印象はIKEAがあれば生活が変わるというところです。

 

アフリカスタンダードをひっくり返すIKEA

今まで僕が住んだ国はインド、ザンビア、タンザニア、エチオピアといういわゆる発展途上国ばかり。最近のインドの発展具合はすごいんでしょうけど、僕が住んでいたのは2000年ごろ、まだスマートフォンなんてない時代。なかなか不便でした。

アフリカというとイメージは相当悪いかもしれませんが、ザンビアやタンザニアなどは南アフリカやヨーロッパ、中東やインドなどの資本が入りそこそこ快適でした。

でもね、アンマンで生活を始め、物質的な豊かさに触れるとまだまだアフリカだなぁと思うことも度々あったんです、正直なところ。

そんな僕のアフリカ快適だけどまだまだという印象を決定的にしたのは先日行ったIKEAです。IKEAがあるだけど、生活環境が断然良くなりますね。

 

子どもグッズが充実

アフリカでの子育て生活で度々不便だと感じたのは、子どもグッズがないこと、そしてあっても高いこと。でもIKEAがあるとこれはすぐに解決しますね!

プラスチックの食器は割れないだけじゃなくて見た目も可愛い!大量に買えるのでホームパーティーやプレイデートをしても問題なし!

おもちゃだけでなく子ども用のベッド、椅子など子ども部屋を充実させてくれるグッズが多くいので、家族での海外生活が一段とレベルアップします。

 

今回の買い物

人生初のIKEAだったので僕はまず買い物の仕方と店内の様子にびっくりさせられました。これがヨルダンの首都アンマンだからというのもあるかもしれませんが、IKEAの仕組みは一応世界基準でどこでも同じなんでしょうね。

家具なしの家が多い国でもIKEAがあればむしろ家具なしでもいいよってくらい。

回っているだけで物欲が掻き立てられる店内

 

僕にとっては買い物の仕組みそのものが面白くて楽しめました。

買うという行為が心地いい仕組み

 

子ども達は遊びながら買い物に着いてきます。お邪魔したことのある家にあるものの多くはIKEAで買ったものと判明!w

遊びながら買い物

 

子どもが45分無料で遊べるプレイルームは親にとっても子どもにとっても便利なサービスですね。

45分無料のプレイルーム

ボールプールで遊ぶ娘

 

ついでに食事が楽しい

IKEAといえばコレでしょうか。

IKEAといばコレでしょうか

 

僕はサーモンにしました。

僕のランチはサーモンとサラダ

 

ランチの買い方もワクワク

買い物後にランチ

ランチを購入

 

あれこれ買ってデビッドカードでお支払い。あー、便利。

今回の戦利品

 

今回、一番の買い物はこれ。ソファ。でも、我が家の愛犬こはる用のベッドですw

いい買い物になった犬ベッド ソファ

 

おまけにクッションと防水シートもつけました。

 

アンマン在住の日本人からは「IKEA潰れないねー」なんていう言葉を聞きましたが、これは潰れない!!ヨルダン人も外国人も客は入っているし、なんせ楽しいし便利!生活を豊かにしてくれるいろんなモノが売っているIKEAは潰れないで頑張って欲しいw

ご質問などはこちらから http://ask.fm/takahashi126

関連記事

  1. 断食の月、ラマダン。テロではなく愛を!
  2. 武器よさらば。あなたの心に非暴力という花が咲くように愛を注ぎたい…
  3. 情報発信をしているソースがなんなのか、調べて把握することが必要な…
  4. ブログのネタの探し方。1つの媒体から10本以上のブログ記事を書く…
  5. Airbnbの誓約は絶対に必要だ!井の中の蛙・日本人はどう思う?…
  6. 超リアルな昔話、「遠野物語」の入り口を見つけた。
  7. 日本生活47日。5つの「できたこと」と「できなかったこと」。
  8. ブログが個人メディアであり芸術作品であると気づいた瞬間
PAGE TOP