NPO/NGO

遺贈寄付で福祉に貢献。遺贈寄付への関心が高まる2016年。

おはようございます。タカハシ126(@takahashi126)です。

 

1ヶ月ほど前に「遺贈寄付とは何か?社会を変える寄付のあり方とファンドレイザーの役割とは」というのを書きましたが、今年は遺贈寄付をめぐる理解と環境が大きく変わっている印象があります。

 

財産を遺贈寄付する人

法定相続人がいない場合遺産は国庫に入ってしまいます。

国に自分が築いた財産を持っていかれるって嫌ですよね?

昨日の中日新聞に「遺産を福祉に役立てたい 関心高まる遺贈寄付」という記事が出ていました。

中日新聞 遺贈寄付の記事 

 

遺贈寄付とは法的な手続きにもなるため、弁護士や税理士のほか、寄付を受けるNPO等の情報も必要です。寄付したいけどどこにしたらいいかわからないというような状況を作らないよう成功事例の積み上げが課題です。

 

高まる関心をうまく寄付につなげるようファンドレイザーやコミュニティ基金、NPOコミュニティの一層の努力が必要だと感じますね。

 

ご質問などはこちらから http://ask.fm/takahashi126

関連記事

  1. いつろーぐって何よ?ブログのタイトルを変えてみました
  2. ブンデスリーガ武藤選手はまだ社会人1年生!
  3. あなたの休み癖は生活を改悪していませんか?継続は力なり。
  4. Garmin(ガーミン)の高性能ウェアラブル、ForeAthle…
  5. 国際協力の仕事をするための英語はどうにかなる
  6. 断食の月、ラマダン。テロではなく愛を!
  7. こんな生活もいいんじゃない?国際協力の世界の現実
  8. 千里の道を一歩踏み出すために必要なのは、「考えないこと」
PAGE TOP