Podcast

なんとなく考えている僕のメディア戦略:ブログとポッドキャストの位置付け

おはようございます。タカハシイツロー(@takahashi126)です。

 

気がつけば1年半以上ブログを書いているのですが、ブログの内容やブログを通じて目指す自己実現の方向性も、時を経て様々な変化がありました。

 

そして、最近、面と向かって「ブログ見ました!」とお声がけ頂くことが数回ありました。なんと嬉しいことでしょう。そして同時にもっと面白いこと、役に立つこと、為になることを書きたい!と感じました。

 

IMG 2879

その昔、目指していたのはいわゆるブロガー

 

ブログを始めた当初、僕が目指していたのはブログを副業として副収入を得ることでした。いわゆる、アクセス数やアフィリエイトで副収入を得つつ、自分なりの形を作るとでもいうのでしょうか。

 

でも、日々書きたいと思う記事は住んでいる国のこと、国際協力や開発についてなどが多かったのです。それでも立派なブロガーであればそれでも副収入を得られるのでしょうが、僕の関心はだんだんと違う方向に進んでいきました。

 

より良い社会づくりにつながる何かをしたい、と。

 

おそらくブログでもできることはあるんだと思います。実際、ブロガーのような開発ワーカーもいます。SNSで有名な開発ワーカーは面白い記事も書いています。そして、情報発信が優れたとか、影響力のある国際協力ワーカーと言われる人もいます。国際協力界のインフルエンサーみたいな。

 

それでも、自分の考えを自分なりに整理しブログを書いていると、どうもブログだけではスッキリ来なくなってき担です。もっと対話的なものが欲しい、と。

 

そこで、始めたのがポッドキャスト。動画でも、文字でもなく、音声での発信に魅力を感じたわけです。

 

 

ポッドキャストが飛行機だとしたらブログが空母

 

ポッドキャストFairly.fmがいろんな方々との対話を通じて情報を発信するメディアであるならば、ブログは僕自身の考えやポッドキャストでの話の整理などをするメディアです。前者がフロー型であると後者はストック型に近いメディアと言えるかもしれません。

 

Roof 540835 1280 


いい例えかどうかは怪しいですが、イメージではポッドキャストが飛行機でバンバン外に飛んでいくようなメディアで、ブログは飛行機が飛び立ち返ってくるような空母のようなメディアというイメージです。

 

ポッドキャストを始めてから、面と向かって会ったこともない方にゲスト出演して頂くことで、様々な分野や業界の現場で活躍している方とお知り合いになれてネットワークの輪がどんどん広がっているのを強く実感しています。

 

 

ブログやポッドキャストのススメ

 

21世紀も既に15年以上が経過し、世界ではAIとか自動運転とかIoTとかこれからの人類に多大な影響を及ぼす革新的な技術について様々な意見や憶測が語られています。それでも昔と変わらない戦争を繰り返しています。

 

個人の考えや経験がブログで綴られたり、SNSで写真や動画として共有されたりと、ますます個人の情報発信が社会の一部を形成しているとも感じれるこの頃です。そんな今の時代だからこそ、自分からの情報発信が貴重だと思っています。

 

面と向かってカフェや飲み屋で話すことを、伝える想いをSNSなどで共有するのは随分当たり前になったのではないでしょうか。次はもっと個人的なメディアでそのような想いを発信することに価値が出るのだと思います。

 

そんな中ポッドキャストはとってもいいです。話すだけですから、カフェや居酒屋でのお話の延長です。ライブでリアルタイム配信すれば双方向的なコミュニケーションもできます。ちょっと気になった方は始めてみるといいと思いますよー。

 

関連記事

  1. 国際人とは何か?あなたにもできる、必要な資質はたった3つ
  2. 僕らは権利や差別についてもっとセンシティブになる方がいいと思う。…
  3. 現場とは何か?資生堂社長の話と開発協力の現場について。
  4. 海外勤務・在住経験のある人が感じる逆カルチャーショックの予防法は…
  5. 学校教育はどうあるべきか?インターナショナルスクールのIT活用と…
  6. 「やりぬく力」グリット(grit)とは何か?
  7. おちんちんに骨があったって知ってた?最近の研究が報告されています…
  8. あれから30年。小学生のころNHKで見たあのマラドーナを語る。
PAGE TOP