LOHAS

今回の日本での休暇は4週間。しっかり充電出来た感じがしています。

1月23日にエチオピアに戻りました。12月26日にエチオピアを出発したので、ちょうど4週間の休暇を終えて。

4週間の休暇とかいうと日本では普通ありえないほど長いのかもしれないけど、がっつり4週間休ませてもらいました。仕事のメールもほとんどチェックせず。それでも個人用Gmailアドレスに仕事の連絡が来てましたが、休みだったので斜め読みで戻ったら対応するとしてアーカイブにポイッしました。

平日のボーネルンド

image

平日の公園遊び
IMG_5394

岡山のへの旅行
IMG_5266

子どもたちとともに至福の時間を頂きました。

もう日本でサラリーマン生活はできないかも、ぼく。

年に1回1ヶ月ほど日本に帰ると元々暴飲暴食癖のあるぼくは食べ過ぎ飲み過ぎで太る傾向にあるんです。なので、今回は気を付けていた、というかエチオピアでの生活を続けることを心がけ、ご飯の量もなるべく気にしていたのですが、、、ダメだったようです。

まだ体重計には乗ってませんが、エチオピアに戻ってすぐフットサルをしたらお腹に異物感が、、贅肉がしっかり付いているようです。

僕の仕事は国際協力です。そして、しっかり稼いでしっかり休ませてもらっています。体が資本なので。

加えて、次の仕事はこれからまた探さなければいけないので、次の生活の準備もこういう休暇中に計画的にやらないと後で困ります。子どもや家族がいなければ好きに飲み歩いていてもいいんですけどね。

何が一般的か、普通かというのは人それぞれなので、他の人が何と言おうとぼくの普通はやっぱりぼくにとって普通なんだけど、ぼくの国際協力の仕事は非正規海外出稼ぎ労働者というようなところです。安定も何もないと思う人もいるかもしれない。それでも国際協力の現場は面白くやり甲斐もあるので、是非ともサラリーマン的な安定のある開発機関の職員になるのではなく、自分の腕で仕事を切り開く人が増えるといいなぁ、というのが希望です。

もう日本でサラリーマン生活はできないかも、ぼく。そもそもする気はないんですけどね。

過去にも書きましたが、国際協力に興味ある方、携わっている方、青年海外協力隊で頑張っている方、頑張っていた方の寄稿を心よりお待ちしています。しばらく何の反応がなくてもしつこく続けていきます。  

関連記事

  1. 国際協力も潮流が変わっている。ワクワクすることを楽しくやろう。
  2. 非正規に込めた思いとは?国際協力分野で開発ワーカーをすること。
  3. 岡山市の興味深いシェアスペースとゲストハウス
  4. 素敵な職場を作りたい!働き方が問題なら、解決できる職場を作りたい…
  5. 国際協力に関わる上での「好きの話」が面白い
  6. 国際協力の仕事を目指すあなたへ
  7. いろいろ考えどう生きるか模索した時期の話
  8. 水道サービスにて顧客満足度を高めるICTツール、6つのポイント
PAGE TOP