開発協力・国際協力

あなたの歩む道は決して間違っていない:開発協力、18年の経験と僕の考えを共有します

Photo by magnezis magnestic on Unsplash

 

おはようございます。タカハシイツロー(@takahashi126)です。

 
気がつけば開発協力の仕事を始めて18年が過ぎました。
 
僕のこれまでのキャリアはNGOスタッフ、在外公館委嘱契約スタッフ、JICAの各種ポスト(ジュニア専門員、専門家、特別嘱託、専門嘱託、随伴家族、企画調査員)、UNICEFと2年から4年で転々とするものでした。
ポッドキャストFairly.fmを始めてからこれまで接する機会のなかった方々と知り合いになり、ツイッターでも簡単には知り合えない方々とつながるなかで、これまでの自分の経験や考えをもっと公開していくことも必要かと感じています。
なので、これから徐々にブログでこれまでの僕の経験と考えや感じたことを批判を受けることを恐れずに発信していこうと思います。
 
あくまでも一個人の限られた経験と考えですが反面教師としてでもどこかの誰かの役に立ったり参考になったりすることができればそれはそれで意味があるかもと思えるようになったわけです。
 
乞うご期待。

 

関連記事

  1. アフリカの農村では修理に必要な部品がない?!
  2. 「働く」上での3つのコアバリュー。開発ワーカーはどうあるべきか?…
  3. noteで国際協力の有料記事がモノになるか試行的にチャレンジ
  4. 見た目は華やかで成功しているように見えるかもだけど、もがいている…
  5. 国際協力業界で働くあなたには二年〜三年の計がちょうどいい
  6. 改正労働契約法と開発ワーカー
  7. いろいろ考えどう生きるか模索した時期の話
  8. 社会を変える「お金」を考える。寄付をもっと身近にするには。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP